特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

なるほドリ

米政権交代時の猟官制、どんな仕組み? 「戦利品」官職を山分け 政府高官が一斉に交代=回答・石山絵歩

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
政権交代があると大幅な人事交代が行われる米ホワイトハウス=AP
政権交代があると大幅な人事交代が行われる米ホワイトハウス=AP

 なるほドリ 米大統領選でジョー・バイデン前副大統領が当選を確実にしたね。トランプ政権で働いていた人はどうなるの?

 記者 多くの人は職を失います。それはスポイルズシステム(猟官制(りょうかんせい))だからです。スポイルズとは「戦利(せんり)品(ひん)」の意味で、官職(かんしょく)は、選挙の勝者で山分けできるものだという発想(はっそう)からそう呼ばれます。19世紀、ジェファーソン大統領が始め、ジャクソン大統領が確立しました。票集めに奮闘(ふんとう)した党員らに「功労(こうろう)賞」のように重要ポストがあてがわれるようになったのです。その後、専門的な能力に基づいて採用する制度を導入しましたが、大統領が任命する仕組みも残っています。だから、政権が交代すると、政府高官ら3000人以上…

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文855文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集