特集

学術会議任命拒否

日本学術会議が推薦した新会員候補6人を菅首相が任命しなかった。極めて異例の事態の背景や問題点を追います。

特集一覧

窓をあけて

役に立つ? 立たない?=元村有希子

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
イラスト 羅久井ハナ
イラスト 羅久井ハナ

 1939年、ニューヨーク万博の開幕行事に招かれたアインシュタインは、「失敗の喜劇」と呼ばれる事態に遭遇する。

 世紀の天才を一目見ようと詰めかけた観客は宇宙に関する講演を理解できず、マンハッタンから飛んでくる宇宙線を検出してみせる実験は失敗に終わった。翌日のニューヨーク・タイムズは「大衆は科学より拍手喝采できる見せ物が好きだ」と論評した。

 「『役に立たない』科学が役に立つ」(東京大学出版会)が紹介するこのエピソードに、科学と社会を隔てる溝の深さを思う。そして思い出したのは15年近く前の、「バナナワニ」の話だ。

この記事は有料記事です。

残り983文字(全文1240文字)

【学術会議任命拒否】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集