メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『地元を生きる 沖縄的共同性の社会学』=岸政彦、打越正行、上原健太郎、上間陽子・著

『地元を生きる 沖縄的共同性の社会学』

 (ナカニシヤ出版・3520円)

 地元の友人と高校進学を機に疎遠になり、大人になった今の交友範囲は大学かせいぜい高校時代まで。中学の同窓会は、話題も方言も自分から遠く離れている。「やんちゃ」だった同級生は、まだ地元にいるはずだが同窓会へ来ない。地方で進学高校に進んだ人はこんな経験が珍しくないだろう。社会学者らが沖縄の各階層の人々の人生を丹念に描いた。

 沖縄県の経済は、第3次産業偏重で失業率が高く、各指標で全国ワーストが並ぶ。本書は、沖縄の階層を公務員や教員ら「安定層」と飲食業などの「中間層」、そして貧困などにさらされた「不安定層」に分類する。膨大な聞き取りで、各層の成育環境や人間関係などを浮き彫りにした。「なんくるないさー」(なんとかなる)の明るい地域社会とも、米軍基地と闘う共同性ともずれる。どの地方にも通じそうな話でありつつ、沖縄特有の条件…

この記事は有料記事です。

残り84文字(全文460文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  4. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  5. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです