社民党が事実上分裂 所属国会議員の残留は福島瑞穂党首のみ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
社民党臨時党大会で厳しい表情を見せる福島瑞穂党首(左)と吉田忠智幹事長=東京都千代田区で2020年11月14日午後4時20分、竹内紀臣撮影
社民党臨時党大会で厳しい表情を見せる福島瑞穂党首(左)と吉田忠智幹事長=東京都千代田区で2020年11月14日午後4時20分、竹内紀臣撮影

 社民党は14日、臨時党大会を東京都内で開き、立憲民主党への合流を希望する所属議員の離党を認める議案を賛成多数で可決した。国会議員4人のうち、福島瑞穂党首を除く3人は立憲に入党する見通しだ。党は存続するが、事実上の分裂が決まった。

 議案は「社民党を残す」と同時に「立憲へ合流して社会民主主義の継承発展を目指す選択のいずれも理解し合う」との内容。可決を受け、吉田忠智幹事長…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文464文字)

あわせて読みたい

注目の特集