メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ氏、8日ぶり公の場に 「この政権はロックダウンには移行しない」

 米大統領選で13日、開票の続いていた南部ジョージア州(選挙人16)で民主党のバイデン前副大統領、南部ノースカロライナ州(同15)では共和党のトランプ大統領がそれぞれ勝利した。米メディアが一斉に報じた。全州・特別区の勝敗が判明したことになり、すでに当選を確実にしているバイデン氏の獲得選挙人は306人、トランプ氏は232人になった。

 ジョージアで民主党が勝利するのは1992年のクリントン候補以来28年ぶり。同州は0・3ポイント以内の僅差で票の再集計が予定されているが勝敗は覆らない見込みだ。各州は12月8日までに開票結果を確定し、同14日に大統領を正式に決める選挙人投票が実施される。バイデン氏は獲得選挙人が過半数(270)に達した11月7日に勝利宣言をしたが、トランプ氏は「各地で不正があった」などと主張し依然、敗北を認めていな…

この記事は有料記事です。

残り187文字(全文553文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  4. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  5. 「コロナ収束に2、3年、経済回復には3年」 経営コンサル会社に聞いた“不都合”なシナリオ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです