メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アルカイダ幹部、イランで殺害か 88年の米大使館爆破事件首謀者 米紙報道

1998年8月、ケニア・ナイロビの米大使館爆破事件の現場(AP=共同)

 米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は13日、複数の情報当局者の話として、1998年にケニアとタンザニアで起きた米大使館爆破事件の首謀者の一人とされた国際テロ組織アルカイダの幹部が、今年8月にイランの首都テヘランでイスラエルの工作員によって殺害されたと伝えた。

 殺害されたのは、アルカイダ指導者のザワヒ…

この記事は有料記事です。

残り126文字(全文276文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  5. コロナ社会を考える コロナ禍にこそ文化芸術は不可欠だ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです