メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エジプト「今年最大の発見」 ミイラ包む木棺100基 2500年前、富裕層か

[PR]

エジプト北部サッカラで発見された約2500年前の木棺。色鮮やかな内側のひつぎがミイラを守っている=カイロ近郊サッカラで2020年11月14日午後、真野森作撮影

 エジプト観光・考古省は14日、カイロ南郊のサッカラで約2500年前に埋葬された古代エジプトの木棺が100基以上見つかったと発表した。王族ではないが裕福な人々のものとみられ、保存状態も良好。エジプト考古学界は「今年最大の発見」だとしている。

エジプト北部サッカラで発見された約2500年前の木棺。ふたを開かれた木棺の中には、ミイラを守る色鮮やかな内側のひつぎがあった=カイロ近郊サッカラで2020年11月14日午後、真野森作撮影

 地元エジプトの発掘調査団が深さ約12メートルの縦穴3本を見つけ、中から大量の木棺と神々の木像などを発見した。記者会見場で木棺1基を開き、ミイラを包む色鮮やかな内側のひつぎが披露された。X線を当て、40代の男性と推定されることも示された。

 発掘品はカイロのエジプト考古学博物館や、ギザの3大ピラミッド近くに来年開館する予定の大エジプト博物館に収められるという。サッカラでは10月にも古代の役人のものとみられる木棺59基が見つかったとの発表があった。【サッカラで真野森作】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏の地元も「答弁、何だったのか」 「桜を見る会」補塡に疑問の声

  2. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 事実と違う答弁を繰り返した安倍氏…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  5. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです