特集

検証・安倍政権

7年8カ月余りにわたった第2次安倍晋三政権が幕を閉じました。数々の疑惑、課題が残されたままです。

特集一覧

注目裁判・話題の会見

「どぶ板選挙をやってきた」河井案里議員が語った「原点」とは

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
保釈後、初めて出廷するため東京地裁に入る参院議員の河井案里被告=東京都千代田区で2020年11月11日午前9時17分(代表撮影)
保釈後、初めて出廷するため東京地裁に入る参院議員の河井案里被告=東京都千代田区で2020年11月11日午前9時17分(代表撮影)

 2019年の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で、公職選挙法違反に問われた参院議員、河井案里被告(47)の被告人質問が13日、東京地裁(高橋康明裁判長)で始まった。これまで法廷に呼ばれた地方議員の多くは「買収の趣旨で現金を渡された」と認め、案里議員には不利な証言が続いていた。しかし、案里議員は「どぶ板選挙をやってきた。金で票を買う発想はない」と検察のストーリーを完全否定。よどみなく、雄弁に、時に笑みさえ浮かべながら、潔白を訴え、反転攻勢に出た。

地方議員の影響力は限…

この記事は有料記事です。

残り2919文字(全文3143文字)

【検証・安倍政権】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集