メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナで変わる世界

<女性編①>リモート「裏」ではおもちゃ散乱 「いいね」30万件から浮かぶ働く女性のリアル

米CNNテレビにオンライン出演中のグレッチェン・ゴールドマンさん。ランニング用のパンツ姿で、室内は子供のおもちゃが散乱している=本人のツイッターより

 「2020年最高のツイート」「うちもこんな感じ」--。ツイッターの投稿への反応を知らせる通知が止まらない。米国の首都ワシントンに暮らす科学者で2児の母親、グレッチェン・ゴールドマンさん(36)は、自身の書き込みに広がった共感の輪に胸が熱くなった。

 ゴールドマンさんは9月、「正直に言うと」という短文を添えて2枚の写真を投稿した。1枚はCNNのニュース番組に気候変動の専門家として自宅からリモート出演した際のテレビ画面、もう1枚はその「舞台裏」を夫が撮影したものだ。

 仕事着の黄色いジャケット姿でノートパソコンに向き合うゴールドマンさんのテレビに映らない下半身は、ランニング用の短いパンツ。パソコンのカメラを顔の高さに合わせるため、背の低いテーブルの上に椅子を置き、部屋の床には子供たちのおもちゃがあちこちに散らかっていた。

 新型コロナウイルスの流行で在宅勤務を強いられた子育てママのリアルな姿は、言語を超えて反響を呼んだ。「家で働く子育て中の親はいま困難な状況に置かれています。特に母親たちにとってはキャリア全体を狂わせかねない状況だと訴えたかった」。ゴールドマンさんは、取材にそう語った。寄せられた「いいね」の数は30万件以上。予想外だったのは、大部分が肯定的な反応で、同じような自室の様子を投稿する女性たちもいたことだ。「多くの人が同じように大変な状況だと知ることで救われたのかもしれない」

 環境工学の博士号をもつゴールドマンさんは、ノーベル賞受賞者を含む科学者たちでつくる非営利組織「憂慮する科学者同盟」でリサーチディレクターを務めている。コロナ禍で在宅勤務を続けて半年近くがたった。感染を防ぐために2歳と4歳の子供たちを保育園に預ける機会は減り、仕事に充てる時間は大きく削られた。在宅で働く研究者の夫とは家事、育児をほぼ均等に分業しているが、当初、集中して働くことができたのは「子供たちを寝かしつけた後の数時間」しかなかったという。「新しい生活で時間はこれまで以上に貴重になりました」

アカデミアにそびえる「母親の壁」

 米国では科学、技術、工学、数学の頭文字をとった「STEM」と総称される分野で研究・教育職に就く女性の4割以上が、第1子の出産後にフルタイム勤務を諦める現実がある。学術界に損失をもたらす「母親の壁」は長年の課…

この記事は有料記事です。

残り1024文字(全文1991文字)

八田浩輔

2004年入社。京都支局、科学環境部などを経て外信部。16年春から20年夏までブリュッセル支局で欧州連合(EU)を中心に欧州の政治や安全保障を担当した。エネルギー問題、生命科学と社会の関係も取材テーマで、これまでに科学ジャーナリスト賞、日本医学ジャーナリスト協会賞を受賞(ともに13年)。共著に「偽りの薬」(新潮文庫)。Twitter:@kskhatta

古屋敷尚子

 1984年広島県生まれ。2008年、東京理科大基礎工学部卒、毎日新聞入社。京都支局、大阪経済部を経て17年から東京経済部。電機メーカーや銀行、証券業界、金融庁を担当。20年4月からはソフトバンクなどのIT・デジタル業界を主に担当している。

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  3. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  4. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  5. 雇用調整助成金 特例措置2月末まで延長 政府方針 感染拡大受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです