メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ポケモンGOイベント、京都で開催へ コロナ拡大、「密」懸念で出現場所配慮

ポケモンGOをするプレーヤーらであふれる鳥取砂丘。京都市でのイベントでも多くのプレーヤーが訪れると想定される=鳥取市で2017年11月24日午前11時47分、阿部絢美撮影

 位置情報を利用したスマートフォンゲーム「ポケモンGO(ゴー)」の地域限定リアルイベントが22日、世界4都市で開かれることになり、日本で唯一、京都市が対象となった。過去のリアルイベントでは全国から多くのプレーヤーが開催地を訪れており、コロナ禍で落ち込む観光需要への期待も高まる。一方、全国的な新型コロナウイルスの感染者数の急増で「第3波」の到来も指摘され、京都市は期待と不安を抱えて開催を迎える。

 ポケモンGOは、スマホ画面の地図に現れるポケモンを捕獲して集めるゲーム。地図は現実世界に対応しており、プレーヤーは実際に歩かないとポケモンを探せない。世界各地で大ブームとなり、日本では2016年7月に配信が始まった。

この記事は有料記事です。

残り1072文字(全文1379文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです