「希望を信じて」 NYで暴行受け重傷の日本人ジャズピアニスト支援 ライブ配信へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
2018年に海野雅威さん(右)が一時帰国した際にトリオを再結成した吉田豊さん(中央)と海野俊輔さん(左)=海野俊輔さん提供
2018年に海野雅威さん(右)が一時帰国した際にトリオを再結成した吉田豊さん(中央)と海野俊輔さん(左)=海野俊輔さん提供

 ハンク・ジョーンズらジャズ界の巨匠にその実力を認められたジャズピアニスト、海野雅威(うんの・ただたか)さん(40)が9月、活動拠点の米ニューヨークで若者グループに襲われた。背景に米国内の人種差別問題も見え隠れするこの事件。肩と腕を骨折した海野さんは右腕を全く動かせず、いつ演奏に復帰できるかも分からない。高額の医療費を支援しようと、15日には国内のミュージシャン仲間がチャリティーコンサートを配信する。

 海野さんによると、事件は9月27日午後7時半ごろに起きた。仕事を終えた海野さんが自宅最寄りの駅で地下鉄を降りると、改札付近で8人程度の黒人の若者グループが因縁を付け、突然殴りかかってきた。若者たちは海野さんを追いかけ、駅の外の路上でも激しい暴行を続けた。通行人に助けを求めても誰も応えてくれず、一時は死が頭をよぎったという海野さん。居合わせた女性が警察を呼び、若者たちは何も奪わず立ち去った。

この記事は有料記事です。

残り1485文字(全文1884文字)

あわせて読みたい

注目の特集