メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

めぐみさん拉致から43年 「あまりにも長い」 母早紀江さん、早期解決求める

 横田めぐみさんが北朝鮮に拉致されてから15日で43年となった。母の早紀江さん(84)は13日、自宅のある川崎市内で記者会見し、「どうしてこんなに解決できないのか。あまりにも長い」と話し、政府に早期解決に向けた行動を求めた。

 新潟市の中学1年生だっためぐみさんは1977年11月15日夕、下校途中に消息を絶った。早紀江さんは「毎年(11月)15日が来るとやりきれない。背筋が寒くなる嫌な思いが残っている」と振り返り、「こんなことは誰に起きても許されない」と話した。

 拉致と判明した97年、夫滋さんは被害者家族会の代表につき、早紀江さんも一緒に全国を巡って救出を訴えた。ただ、滋さんは今年6月に87歳で亡くなり、早紀江さんも近年は体調不良などで遠方での講演や署名活動は控えている。

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文595文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  2. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  5. 共通テスト、公民で出題ミス 視覚障害者向けの問題冊子で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです