GoToトラベル、ハローワーク……おかしな英語変えたい 通訳らが会発足

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
旅行代理店前に掲示されたGoToトラベルのポスター=東京都千代田区で2020年10月、吉田航太撮影
旅行代理店前に掲示されたGoToトラベルのポスター=東京都千代田区で2020年10月、吉田航太撮影

 街中の案内表示や自治体のホームページ(HP)などでおかしな英語や翻訳が多いとして、通訳や研究者の女性8人が改善を求めて「日本の英語を考える会」を発足させた。10月に会のウェブサイトを立ち上げ、情報発信を始めている。会長の鶴田知佳子・東京女子大学教授は「外国人に必要な情報を正しく提供できていない状況だ」と指摘する。【小林多美子】

行政発で意味の通じないものも

 考える会のメンバーは米コロンビア大学ビジネススクールの卒業生有志が中心で、同時通訳者や研究者、外資系企業社員ら。米国人で日本に住む研究者も参加している。メンバーたちはかねて、いわゆる「和製英語」や自動翻訳による不自然な英語をなんとかしたいと思っており、…

この記事は有料記事です。

残り1053文字(全文1359文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集