メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界戦中止の京口「申し訳ない気持ち」 16日にジムワーク再開

京口紘人=安田光高撮影

 自身の新型コロナウイルス感染により世界戦が中止となった世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級スーパー王者の京口紘人(ワタナベ)が14日、オンラインで記者会見し「たくさんの方にご迷惑をお掛けした。相手にも申し訳ない気持ちでいっぱい」と話し、頭を下げた。3日に予定された試合は海外選手を招いた国内初の世界戦として注目されていた。

 26歳の京口は黒のスーツ姿で神妙な表情。試合前日の検査でトレーナーとともに陽性が判明し「いろんなものが崩れ落ちた気持ち」と振り返った。

この記事は有料記事です。

残り192文字(全文425文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

  2. 「鬼滅の刃」偽フィギュア1500個、販売目的で所持の疑い 会社員を逮捕 山口県警

  3. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  4. 「底抜けダム」また水漏れ 改修工事後も想定の10倍、2万トン 熊本・産山村

  5. 井上科技相、学術会議の国からの切り離し検討を要請 梶田会長との会談で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです