怒濤の攻め 出足鋭い横浜マリノス、浦和を圧倒 「自信持って見せた」スピード

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【横浜マ-浦和】前半、先制ゴールを決める横浜マのジュニオールサントス=横浜・日産スタジアムで2020年11月14日、宮間俊樹撮影
【横浜マ-浦和】前半、先制ゴールを決める横浜マのジュニオールサントス=横浜・日産スタジアムで2020年11月14日、宮間俊樹撮影

○横浜マ6-2浦和●(14日・日産スタジアム)

 横浜マが鋭い出足で試合を支配し、大量点で快勝。連敗を3で止めた。

 横浜マの怒濤(どとう)の攻めが浦和をのみ込んだ。

 試合開始2分、FW水沼からダイレクトパスを受けたFWジュニオールサントスが、浦和のDF岩波との競り合いを制して先制点。同10分には、やはり水沼からのクロスをFW前田が頭で押し込んだ。

 勢いは止まらない。4分後にも、DF小池がMFオナイウのスルーパスに走り込み、あっという間に3点目を奪ってしまった。

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文613文字)

あわせて読みたい

ニュース特集