メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

2戦連続無失点勝利も森保監督「しっかり仕留めて試合を終えられるよう…」

情報提供:サッカーキング

森保一監督がパナマ戦を振り返った [写真]=Getty Images
 日本代表は13日、国際親善試合でパナマ代表と対戦。61分に南野拓実が自ら獲得したPKをゴール正面に決め、1-0で試合を終えた。10月13日に対戦したコートジボワール代表戦に続き、2戦連続で1-0で勝利を収めた。

 試合後、森保一監督がインタビューに応じ、「チームとして選手を大幅に入れ替えトライしたり、戦術もシステムを変更してトライした部分で、なかなか合わないところもあったが、粘り強く戦い続け、時間を追うごとに内容もよくなった。無失点で勝つことができてよかったが、まだまだ、2-0、3-0とする局面はあった。しっかり仕留めて試合を終えられるよう、次の課題として考えていきたい」と振り返った。

 また、森保監督は17日に控えているメキシコ代表戦へ向け、「まずは勝利を届けられるように、ということ、勝ちを目指して最善の準備をしたい。応援してくださっている方々、コロナ禍で大変な思いをしている方々に勇気、励ましのエールになる戦いをしたい」と意気込みを語った。

【関連記事】
●パナマ代表のメンバー発表 13日に日本代表と親善試合
●EURO2020出場24チームが出揃う…スコットランドが6大会ぶり出場、ハンガリーは“死の組”に
●クロースがオーバメヤンの“ある行動”を批判…「良い手本とならない」と一刀両断
●生まれた国とは異なる代表チームを選択…特異なキャリアを持つ選手たち
●北マケドニア代表、史上初のEURO出場決定!…主将の37歳FWパンデフが値千金の決勝弾

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今度は煉獄さん? 鬼滅の刃の引用で「弱き人助ける覚悟」問われた首相 衆院予算委

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです