メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

PK奪取の起点となった久保建英「チームの助けになれてよかった」

情報提供:サッカーキング

南野拓実のゴールを祝福する久保建英 [写真]=Getty Images
 日本代表は13日、国際親善試合でパナマ代表と対戦し、1-0で勝利を収めた。

 日本は61分に久保建英からのスルーパスに抜け出した南野拓実がエリア内で倒されPKを得ると、これを南野が自ら決めて先制。その後は決定機を逸して追加点こそ奪えなかったが、完封勝利を収めた。

 PK獲得の起点となった久保は、「試合前に言っていたように、チームの助けになれたのは素直によかったです。遠藤(航)選手が素晴らしいパスをくれたので、あとは南野選手に流すだけでした」と得点のシーンを振り返った。

 この日が節目のA代表10試合目となったが、待望の初ゴールを決めることはできなかった。それでも、「今日のようなラストパスを3本出せれば、それが3点につながるので僕としてはオッケーだと思っています。それで相手に警戒されたときに自分で運んだり、どんどんパターンを増やしていければ選手としてのレベルも上がるし、それがゴールにもつながっていくと思います」と満足感を示しつつ、さらなる成長を誓った。

【関連記事】
●パナマ代表のメンバー発表 13日に日本代表と親善試合
●EURO2020出場24チームが出揃う…スコットランドが6大会ぶり出場、ハンガリーは“死の組”に
●クロースがオーバメヤンの“ある行動”を批判…「良い手本とならない」と一刀両断
●生まれた国とは異なる代表チームを選択…特異なキャリアを持つ選手たち
●北マケドニア代表、史上初のEURO出場決定!…主将の37歳FWパンデフが値千金の決勝弾

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです