メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

GK権田修一、7試合連続完封で楢崎氏の記録に並ぶも「1人で無失点は無理」

情報提供:サッカーキング

パナマ戦に出場したGK権田修一 [写真]=JFA
 日本代表は13日、国際親善試合でパナマ代表と対戦し、1-0で勝利を収めた。

 フル出場したGK権田修一はこの試合を無失点に抑え、出場した日本代表戦では7試合連続の完封を達成。楢崎正剛氏の持つ記録に並んだ。ただ、本人は「並んだと言われるのは楢崎さんに失礼」と謙遜。「1人で無失点に抑えるのは無理なので、ピンチのところでみんなが体を張ってくれているシーンはたくさんあったし、前線の守備もあってのことなので」とチームメイトへの感謝を示した。

 さらに、「逆に僕が出ていない試合で、例えばベネズエラとのホームの試合で大量失点もあった。日本代表として高みを目指してやっているので、自分が出ても出なくても、チームが成長していくことが大事だと思います」と続けた。

 この日の試合については、「守備のときは5バック気味に構えるので、どうしても重心が下がってしまった。ただ、相手が困ったらロングボールを蹴るというスカウティングがあって、無理に押し出してスペースを作らないようにという準備をしていたので、変に下がったという感覚ではなく、コンパクトにできていた印象です」と、ある程度狙い通りの守備ができていたと主張。一方で、「攻撃と守備は表裏と言うか、同じものだと考えているので、前線の選手がもっと気持ちよくプレーできるような守備ができれば」と課題も挙げた。

 日本代表は17日にメキシコ代表と対戦する。

【関連記事】
●“10番”南野拓実のPKが決勝ゴール…3バック採用の日本、パナマに完封勝利
●自ら獲得したPKが決勝点に…南野拓実「ゴールにつながりよかった」
●PK奪取の起点となった久保建英「チームの助けになれてよかった」
●生まれた国とは異なる代表チームを選択…特異なキャリアを持つ選手たち
●延長か、退団か…今季限りで契約が満了する10人の大物選手たち

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです