メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

マルセイユの未消化試合数が『2』に? ニースの選手十数名が新型コロナ陽性

情報提供:サッカーキング

マルセイユ対ニースの一戦は延期となる可能性がある [写真]=Getty Images
 21日に行われるリーグ・アン第11節のマルセイユ対ニースの一戦は延期になる可能性があるようだ。13日、フランス紙『レキップ』が報じている。

 ニースは9日、クラブ公式サイトを通じ、十数名の選手とクラブスタッフから新型コロナウイルス陽性反応が確認されたことを受け、ファーストチームと下部組織のクラブ施設を閉鎖することを発表していた。また、ウイルスの拡散を防ぐため、インターナショナルウィーク期間はファーストチームの全体練習を行わないことも併せて発表していた。

『レキップ』によると、21日に行われるマルセイユ対ニースの一戦は延期になる可能性があるようだ。リーグ・アンのプロトコルでは、GK1人を含む選手30人のうち20人が陰性であれば試合を行うことができるが、そうでない場合は、試合開催は不可能になるという。フランス・プロリーグ機構(LFP)からの正式な決定は下されていないが、状況が改善されなければ試合延期は免れないようだ。

 また、マルセイユは10月30日にホームで行われる予定だった第9節のランス戦も延期となっており、第11節のニース戦が延期されることとなれば未消化試合数は『2』となる。マルセイユは今季のチャンピオンズリーグ(CL)に参戦しており、多忙なスケジュールとなっているため、未消化試合は来年に持ち越される可能性もあるという。

【関連記事】
●パナマ代表のメンバー発表 13日に日本代表と親善試合
●EURO2020出場24チームが出揃う…スコットランドが6大会ぶり出場、ハンガリーは“死の組”に
●クロースがオーバメヤンの“ある行動”を批判…「良い手本とならない」と一刀両断
●生まれた国とは異なる代表チームを選択…特異なキャリアを持つ選手たち
●北マケドニア代表、史上初のEURO出場決定!…主将の37歳FWパンデフが値千金の決勝弾

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです