メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

パナマ代表監督「偉大な選手がそろう」と日本代表称えつつ、自チームの戦い誇る

情報提供:サッカーキング

パナマ代表のトーマス・クリスチャンセン監督 [写真]=Getty Images
 日本代表は13日、国際親善試合でパナマ代表と対戦し、1-0で勝利を収めた。

 試合後の会見に出席したパナマ代表のトーマス・クリスチャンセン監督は、メンバーを変更し、3バックで臨んできたが日本代表に対し、「今日の試合で驚いたのは3バックでプレーしてきた部分」と振り返る一方、「とはいえ、これまでの戦いに出ていた選手が多かった。サプライズで出た選手含め、分析はしていた」とコメント。

 前半は日本の攻撃をうまく抑えつつ、チャンスも作ったが、0-1の敗戦となった。「認めないといけないのは日本には偉大な選手がそろっていること。(質問者から)名前の挙がった南野拓実、久保建英も素晴らしい。そのような相手に無失点で終えることは難しい。ただ、前半はチャンスも作り、ボールも保持できた。後半は両チームのクオリティの差が出て、失点をしてしまった。最後は数的不利にもなったが、いい戦いはできたと思う」「選手のプレーは誇りに思うが、結果は悔しい。戦う姿勢を見せ、日本を相手に前半良い内容で対等にやれた。そこは特筆すべき部分だった。後半はPKがあり、数的不利になったので、我々に厳しくなってしまった」と、日本を称えつつ、自チームの戦いに胸を張った。

【関連記事】
「“合わないからダメ”を“できる”にする」 森保監督、日本代表の底上げへ「監督としてのチャレンジ」語る
所属クラブでの好調ぶりを発揮…遠藤航「それをしっかり出すだけだった」
プレミアリーグ選手、レイプおよび監禁罪で逮捕か…氏名未公開も20代
PK奪取の起点となった久保建英「チームの助けになれてよかった」
自ら獲得したPKが決勝点に…南野拓実「ゴールにつながりよかった」

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 土俵際の逆転不発で正代4敗目 行司と重なる不運、目立った「危ない相撲」

  3. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  4. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

  5. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです