メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

吉田麻也、植田&板倉の姿勢称える「競争意識が良くする」 チーム作りは「あえてトライする段階」

情報提供:サッカーキング

得点を挙げた南野を祝福する吉田 [写真]=Getty Images
 日本代表は13日、国際親善試合でパナマ代表と対戦し、1-0で勝利を収めた。

 主将としてフル出場して完封勝利に貢献した吉田麻也はまず、前半うまくいかなかった試合運びについて、「感覚的にはもちろん、特に前半はスムーズにいっていない感覚はありました。ただ、相手も守備のオーガナイズ、ポジショニングがよかったので、短いパスをなかなか前につけられず、まずはそれが一つ課題だと思います。ロングボールも逆サイドのケアをうまくされていたので、長いボールで展開を打開することも難しい中、もう少しボールのリズムを変えたり、例えばボランチが一枚落ちて、ビルドアップで4バックにするといった変化をもう少し加えればよかったとは思います」と、改善を口にする。

 一方で、「ただ、前半は相手が動いてオーガナイズをしていましたけど、後半ペースが落ちると思っていたので、そこで前にボールをつけられたのと、しっかり守ってカウンターから一発は狙っていたので、意図としては悪くなかったと思います。メンバーを多少入れ替え、違う形でやって、いきなり最初からうまくいくとは思っていません。もちろん、最初から4バックならうまく、もっとスムーズだったという意見もあると思いますけど、僕らは今、あえてトライして、自分たちの選択肢を広げている段階なので、悲観することはないかなと、個人的には思っています」と、先を見据えたチーム作りをする上で、ポジティブにトライした結果であると強調した。

 3バックで臨み、中央に入った吉田の両脇は植田直通と板倉滉が務めた。両CBについては「僕と冨安(健洋)が出ている試合はゼロが続いていたので、自分たちもという気持ちで臨んだと思いますし、そういう競争意識がチームをより良くしていくと確信しているので、いろいろな選手が自分のパフォーマンスを出して、チームの結果がそれに伴って良くなっていくというのは、チームがレベルアップする上で欠かせないことだと思います」と、姿勢を評価している。

 後半から遠藤航が投入されて流れが良くなったが、「後半は後ろと前線がよりうまくリンクしたかなと。それは(柴崎)岳も意識するようになったでしょうし、航も前につけられる選手。以前はなかなかうまく前に行かなかったことが多いですけど、航もベルギー、ドイツで非常にレベルアップしたし、自分の良さであるボール奪取も、今日もよく見せてくれたと個人的には感じます。選手にはそれぞれタイプがあるので、一概に航が良かった、(橋本)拳人が良くなかったではなく、そういう変化をチームが加えて、よりスムーズにゲーム運びできた、ということだと思います」と、個々人の能力の問題ではないとした上で、遠藤のプレーを称えている。

【関連記事】
●プレミアリーグ選手、レイプおよび監禁罪で逮捕か…氏名未公開も20代
●所属クラブでの好調ぶりを発揮…遠藤航「それをしっかり出すだけだった」
●PK奪取の起点となった久保建英「チームの助けになれてよかった」
●“10番”南野拓実のPKが決勝ゴール…3バック採用の日本、パナマに完封勝利
●「“合わないからダメ”を“できる”にする」 森保監督、日本代表の底上げへ「監督としてのチャレンジ」語る

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  2. 坂本龍一さん、直腸がん公表 手術終え治療中 公式サイトで明らかに

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです