メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

「サッカーを知っている人なら…」グリーリッシュ、同胞MFマウントを称賛

情報提供:サッカーキング

同胞MFメイソン・マウントとの信頼関係を強調したジャック・グリーリッシュ [写真]=Getty Images
 アストン・ヴィラに所属するイングランド代表FWジャック・グリーリッシュが、チェルシーに所属する同胞MFメイソン・マウントを称賛している。13日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じた。

 現在25歳のグリーリッシュは今季ここまで、所属クラブでは公式戦8試合に出場し、5得点6アシストを記録している。昨季は41試合に出場して10得点8アシストだったため、今季は序盤から波に乗っている状態だ。今年9月にはイングランド代表デビューを飾り、通算3試合に出場して2アシストを記録。12日に行われたアイルランド戦では先発出場を果たし、1アシストを記録して3-0の勝利に貢献した。

 今季急激に頭角を現すグリーリッシュは、ポジションが近いゆえにマウントと比較されることが多いという。しかし、グリーリッシュはそれについて飽き飽きしているようで、「メイソンとはいつも仲がいい。素晴らしい選手だと思うし、同じポジションで争っているとは思えない」と関係の良さを強調している。アイルランド戦ではマウントが4-3-3の中盤の右に入り、グリーリッシュは3トップの左の位置でプレーした。

 また、グリーリッシュは「メイソンはどちらかと言えば過小評価されている。でも彼は、彼が得るすべての功績に値するよ。サッカーを知っている人なら、彼がどれだけ優れた選手かということが分かるだろう」と話し、信頼している様子を見せている。

【関連記事】
●パナマ代表のメンバー発表 13日に日本代表と親善試合
●EURO2020出場24チームが出揃う…スコットランドが6大会ぶり出場、ハンガリーは“死の組”に
●クロースがオーバメヤンの“ある行動”を批判…「良い手本とならない」と一刀両断
●生まれた国とは異なる代表チームを選択…特異なキャリアを持つ選手たち
●北マケドニア代表、史上初のEURO出場決定!…主将の37歳FWパンデフが値千金の決勝弾

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 大阪で過去最多23人死亡 新型コロナ 新たな感染者は357人

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです