メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

バルセロナ、スポンサー料大幅減額も…メッシ残留が楽天との契約更新のカギ?

情報提供:サッカーキング

バルセロナのリオネル・メッシ [写真]=Icon Sport via Getty Images
 ジョゼップ・マリア・バルトメウ前バルセロナ会長の在任中、同クラブのスポンサーシップ強化を担当していたスポーツマーケティングの専門家シント・アジュラム氏がスペインメディア『EFE』のインタビューに応じ、現在スポンサー契約を締結している楽天株式会社(以下「楽天」)とアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの関連について語った。

 バルセロナは6日、楽天とパートナーシップを2022年6月30日まで延長したことを発表。当初2017-18シーズンから4年間のパートナーシップを締結していた両者は、1年間の延長オプションを行使した形となった。しかし、バルセロナのスポンサーシップは5500万ユーロ(約62億円)から3000万ユーロ(約37億円)ほどに減少しているという。

 アジュラム氏は「新型コロナウイルスがブランドの知名度に大きく影響しているため、スポンサーの金額が大幅に減少したのは事実」としたうえで、「3000万ユーロの評価をしっかり受けているのか疑問に思うほど」メッシ残留の不安な見通しが楽天との契約に影響していると語る。

 楽天とバルセロナの関係が始まったのは、メッシとウルグアイ代表FWルイス・スアレス、ブラジル代表FWネイマールによる“MSN”を前面に押し出していた時期で、「営利的には彼らは爆弾だったが、今のバルセロナはスアレスとネイマールがいない上に、メッシが残留するかどうか、という問題を抱えながら楽天と契約更新を提案している」とアジュラム氏はバルセロナの問題に言及した。

「バルセロナのブランドを世界中に売り込むときは、メッシの顔をつけている」

「世界レベルで、バルサに最もダメージを与えているのはメッシが退団したいといったこと。メッシのファンは多く、クリスティアーノ・ロナウドも同じで彼がユヴェントスに移籍した時にはファンもチームを変えてしまったからね」

【関連記事】
●EURO2020出場24チームが出揃う…スコットランドが6大会ぶり出場、ハンガリーは“死の組”に
●クロースがオーバメヤンの“ある行動”を批判…「良い手本とならない」と一刀両断
●生まれた国とは異なる代表チームを選択…特異なキャリアを持つ選手たち
●江蘇蘇寧、中国スーパーリーグ初制覇!…エデル&テイシェイラ弾で広州恒大を撃破
●出場時間減少のエリクセン、移籍の可能性を示唆? 「何かが起こるとすればそれは…」

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです