メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

昨シーズンで現役引退のカシージャス氏、もし監督なら「ジダンのように」?

情報提供:サッカーキング

イケル・カシージャス氏(写真は昨年11月のもの) [写真]=Getty Images
 昨シーズンで現役を引退した元スペイン代表GKイケル・カシージャス氏がスペイン紙『マルカ』のロングインタビューに応じた。13日、同紙が伝えている。

 カシージャス氏は2019年5月の練習中に心臓発作のため病院に搬送され、退院後はチームスタッフとしてポルトを支えていた。同氏は「幸いにも心臓発作から1年以上が経過して、専門医が普通の生活を送る許可をくれたよ」と語り、現在の健康を強調した。

「明らかに、フットボールは私の世界だよ」

「いずれなりうる様々なポジションを見てきた。もし私が監督だったら、(現レアル・マドリード監督のジネディーヌ・)ジダンや(ビセンテ・)デル・ボスケ、(現エヴァートン監督のカルロ・)アンチェロッティのようになると思う」

 また、現在のリーガ・エスパニョーラを席巻するベルギー代表GKティボー・クルトワ、ドイツ代表GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲン、スロベニア代表GKヤン・オブラクについて以下の様にコメントしている。

「テア・シュテーゲンとオブラクはそれぞれのクラブにとってとても重要な存在。クルトワは我々がレアル・マドリードで期待していたゴールキーパーになっているね」

 カシージャス氏は2月にスペインサッカー連盟(RFEF)の会長に立候補。結局その4か月後に立候補を撤回したものの、今後再び立候補する可能性を否定しなかった。

「私の考えは、スペインサッカー連盟とリーガが手を取り、フットボールと選手のためにお互いを見るということ。長期的に会長に立候補することを除外するつもりはない」

「私は若いころから代表チームのすべてのレベルを経験したけど、国や特に若い人たちを助けたいと思っているよ」

【関連記事】
●EURO2020出場24チームが出揃う…スコットランドが6大会ぶり出場、ハンガリーは“死の組”に
●生まれた国とは異なる代表チームを選択…特異なキャリアを持つ選手たち
●クロースがオーバメヤンの“ある行動”を批判…「良い手本とならない」と一刀両断
●出場時間減少のエリクセン、移籍の可能性を示唆? 「何かが起こるとすればそれは…」
●江蘇蘇寧、中国スーパーリーグ初制覇!…エデル&テイシェイラ弾で広州恒大を撃破

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、二宮和也からの大量の“迷彩マスク”プレゼントに「ありがとうございます!」

  2. 名古屋市消防局が救急搬送の2人、心肺停止に ベッド満床で受け入れ先見つからず

  3. 駿河湾に1メートル超の深海魚 「ヨコヅナイワシ」と命名 海洋機構ら研究チーム

  4. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです