メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

ブラジルが南米予選開幕3連勝…フィルミーノ弾でベネズエラを下す

情報提供:サッカーキング

ブラジル代表がベネズエラ代表に勝利 [写真]=Getty Images
 2022 FIFAワールドカップ カタール・南米予選が13日に行われ、ブラジル代表とベネズエラ代表が対戦した。

 南米予選の初戦でボリビア代表を5-0で下したブラジル代表は、続くペルー代表戦も4-2で勝利。好調を維持してベネズエラ代表との一戦に臨んだ。エースのネイマールこそ負傷のため欠場となったものの、同試合のスタメンにはマルキーニョス、ガブリエル・ジェズス、リチャーリソン、ロベルト・フィルミーノらが入った。

 試合は序盤からブラジル代表のペースで進む。7分にはリチャーリソンがネットを揺らすも、VARでレナン・ロディのオフサイドを取られゴールは取り消しに。その後はベネズエラ代表が集中力を切らさない。追いついた対応を見せて破壊力抜群の攻撃陣相手にゴールを許さず、前半はスコアレスで終了した。

 それでも、後半に入るとサッカー王国の“カナリア軍団”が意地を見せる。66分、パス回しで右サイドを突破し、エヴェルトン・リベイロがクロスを送る。ファーサイドからの折り返しをフィルミーノが押し込み、ブラジル代表が均衡を破った。

 試合はこのままタイムアップ。ブラジル代表が南米予選3連勝を記録した。次節は17日に行われ、ブラジル代表はウルグアイ代表と、ベネズエラ代表はチリ代表とそれぞれ対戦する。

【スコア】
ブラジル代表 1-0 ベネズエラ代表

【得点者】
1-0 66分 ロベルト・フィルミーノ(ブラジル代表)

【関連記事】
●生まれた国とは異なる代表チームを選択…特異なキャリアを持つ選手たち
●バルサ、新会長選挙を来年1月24日に実施か…バルトメウ氏の後継に現在7名が名乗り
●“10番”南野拓実のPKが決勝ゴール…3バック採用の日本、パナマに完封勝利
●今なお続く遺恨…ネイマールの弁護団、バルサに約54億円超の支払いを要求
●クロースがオーバメヤンの“ある行動”を批判…「良い手本とならない」と一刀両断

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 松本潤「嵐という船を一度降りて」大河主演決意までの葛藤 オファー一度は保留[コメント全文]

  2. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  3. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  4. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  5. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです