メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

新契約か退団か…S・ラモス、レアル会長と会談し自身の将来を16日に公式発表へ

情報提供:サッカーキング

レアル・マドリードに所蔵するS・ラモス [写真]=Getty Images
 スペイン代表DFセルヒオ・ラモスは、近々レアル・マドリードとの将来について何らかの発表を行うのかもしれない。13日付けでスペイン紙『アス』が報じている。

 今回の報道によると、レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長とS・ラモスは近々会談を行ない、16日にもその決定を公式発表する予定だという。現在セビージャでスペイン代表の活動に参加している同選手は、自身の生まれ故郷から将来について発信することになりそうだ。

 同選手は、レアル・マドリードとの現行契約が今シーズンいっぱいで満了予定。これまで新契約についての協議がまとまらず、マドリードでのプレーを終える意思があることも明かしていたS・ラモスには、約1ヶ月半前にパリ・サンジェルマンからオファーが届いていたとも報じられており、その去就に注目が集まっている。

 ナショナルチームでもキャプテンマークを巻くS・ラモスは、つい先日スペイン代表として代表通算176試合出場に到達し、元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンに並び欧州代表キャップ数で最多となった。いまだ衰え知らない現在34歳の同選手は、果たして今後どのようなキャリアを歩んでいくのだろうか。

【関連記事】
●“10番”南野拓実のPKが決勝ゴール…3バック採用の日本、パナマに完封勝利
●PK奪取の起点となった久保建英「チームの助けになれてよかった」
●所属クラブでの好調ぶりを発揮…遠藤航「それをしっかり出すだけだった」
●自ら獲得したPKが決勝点に…南野拓実「ゴールにつながりよかった」
●パナマ代表監督「偉大な選手がそろう」と日本代表称えつつ、自チームの戦い誇る

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 コロナと生活困窮者 孤立させぬ支援と情報を

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  4. 「無給医」巡り日本医科大に労基署が是正勧告 他の病院に影響も

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです