メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

近江が選手権初出場…後半の2ゴールで綾羽に勝利、滋賀県王者に輝く

情報提供:サッカーキング

 
 第99回全国高校サッカー選手権大会滋賀県予選決勝戦が14日に行われ、近江が綾羽を2-0で下し、初の全国大会出場を決めた。

 滋賀県大会史上初となる私立高校同士の対戦カードとなった一戦。前半は両者譲らぬ一進一退の攻防が続き、スコアレスドローで折り返す。後半に入ると近江にチャンスが。65分、近江のキャプテンを務め“10番”を背負う森雄大が右足でネットを揺らし、先制に成功する。さらに68分、冨板優馬がヘディングシュートを沈め、勝利を大きく手繰り寄せる追加点をマークした。

 綾羽も1点を返すべく攻撃を続けたものの、1点が遠い。このまま試合はタイムアップを迎え、近江が初めて選手権への切符を掴み取った。

【関連記事】
●内田篤人、2度目の高校選手権応援リーダーに就任「きっとみんな部活をやめなかった。出し切ってほしい」
●創成館、延長戦終了間際の得点で悲願の全国初出場! 長崎総科大付属を下す
●逆転に次ぐ逆転…宮崎日大が選手権初出場、終盤のスーパーゴールで鵬翔に勝利
●“絶対王者”青森山田、24年連続の全国出場…八戸学院野辺地西を下す
●群馬県予選決勝では終了間際にドラマ! 土壇場の2得点で前橋商業が共愛学園に勝利

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 西野七瀬、初舞台に緊張しきり「ストレッチからガチガチ…」

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 駿河湾に1メートル超の深海魚 「ヨコヅナイワシ」と命名 海洋機構ら研究チーム

  4. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

  5. 名古屋市消防局が救急搬送の2人、心肺停止に ベッド満床で受け入れ先見つからず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです