メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

矢板中央がPK戦を制し4連覇達成…GK藤井がPKストップで11度目となる全国へ

情報提供:サッカーキング

 
 第99回全国高校サッカー選手権大会栃木県予選決勝戦が14日に行われ、矢板中央が宇都宮短大附を下して4年連続11回目となる全国大会出場を決めた。

 試合は両者譲らず、終始拮抗した展開に。前半でスコアが動くことはなく、そして後半終了時点でも0ー0で試合は延長戦へと突入した。しかし延長の前後半でもスコアレスで、結局試合はPK戦に。矢板中央はGK藤井陽登が3人目のシュートを止める活躍を見せ、4ー1で勝利を収めた。一方、大会初優勝を目指し王者を苦しめた宇都宮短大附だったが、惜しくもあと一歩及ばなかった。

【関連記事】
●内田篤人、2度目の高校選手権応援リーダーに就任「きっとみんな部活をやめなかった。出し切ってほしい」
●創成館、延長戦終了間際の得点で悲願の全国初出場! 長崎総科大付属を下す
●逆転に次ぐ逆転…宮崎日大が選手権初出場、終盤のスーパーゴールで鵬翔に勝利
●“絶対王者”青森山田、24年連続の全国出場…八戸学院野辺地西を下す
●群馬県予選決勝では終了間際にドラマ! 土壇場の2得点で前橋商業が共愛学園に勝利

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ワクチン接種「成否は支持率に直結」 マイナンバー活用の新システム、突貫工事に懸念

  2. 名古屋市の救急医療ピンチ 搬送中に心肺停止状態も 愛知県が専門チーム

  3. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  4. 首相、コロナ医療体制の不備を陳謝 予算組み替えには応じず

  5. 「大変な時期に」 旭川医大、コロナ巡り学長と対立の病院長解任 関係者に衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです