漁業の振興策を提案 宮古・重茂中、総合学習で発表 /岩手

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
教員や漁協職員が見守る中、「地域を幸せにするため私たちにできること」を発表する重茂中の3年生=岩手県宮古市重茂で
教員や漁協職員が見守る中、「地域を幸せにするため私たちにできること」を発表する重茂中の3年生=岩手県宮古市重茂で

 宮古市立重茂中の3年生が、総合学習で学んだ成果を「観光」「漁業」「特産品」の3テーマに分けて発表する公開授業が、このほど開かれた。市内の中学教員ら約100人が参加し、今春に連携協定を結んだ東大国際沿岸海洋研究センターの教員や、学習を共にした重茂漁協職員がアドバイザーを務めた。

 同中の後川七海さんらは「担い手不足と魚種の変化で、重茂の漁業…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文427文字)

あわせて読みたい

注目の特集