メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

個性光る16種販売 障害者が描いた年賀状 NPO法人 /島根

サポートセンターどりーむの作家が描いた絵があしらわれた年賀状のデザイン=出雲市東福町で2020年10月26日午後2時45分、目野創撮影

 芸術活動を通じて障害者の自立支援に取り組むNPO法人「サポートセンターどりーむ」(出雲市東福町)は、所属作家が描いた絵をあしらった年賀状を販売する。来年の干支(えと)の丑(うし)など、絵柄は16種類、「おめでたい絵柄をそろえました」とPRしている。25日以降に電話などで注文を受け付ける。

 同法人では知的障害や精神障害などがある…

この記事は有料記事です。

残り180文字(全文345文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです