特集

第100回高校ラグビー 創志学園(岡山)

第100回全国高校ラグビー大会に出場する創志学園(岡山)を紹介するページです。

特集一覧

全国高校ラグビー

県予選・決勝 玉島、3年連続V 創志学園降す /岡山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
勝利を喜ぶ玉島の選手たち=美作市入田の美作ラグビー・サッカー場で、2020年11月14日午後2時6分、岩本一希撮影
勝利を喜ぶ玉島の選手たち=美作市入田の美作ラグビー・サッカー場で、2020年11月14日午後2時6分、岩本一希撮影

 第100回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)の県予選は14日、美作市入田の美作ラグビー・サッカー場で決勝があり、玉島が創志学園を24―14で降し、3年連続4回目の優勝を果たした。

 全国大会について、大会実行委員会は新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、開催可否や大会方式を協議している。既に発表されている大会概要では、12月27日に東大阪市花園ラグビー場で開幕予定。例年より12校多い63校が出場するとしており、各都道府県予選優勝校に加え、中国地区では棄権した鳥取を除く4県の準優勝校で争うブロック予選(21日開幕、広島市)を制したチームが出場権を得る。【岩本一希】

 玉島は前半8分、FBの友定尭也選手(3年)がペナルティーゴールをきっちりと決めて3点を先取し、「気負わず無心で決めることができて良かった」。友定選手は12分にもスクラムから出たボールを手にすると、ハーフウエーライン付近から独走トライを決め、主導権を引き寄せた。

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文849文字)

あわせて読みたい

注目の特集