連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

上野のパンダ、中国に帰るの? 親2頭、延長求め交渉中 シャンシャン年内限り=回答・竹内麻子

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
リーリー=公益財団法人東京動物園協会提供
リーリー=公益財団法人東京動物園協会提供

 なるほドリ 上野動物園(東京都台東(たいとう)区)のジャイアントパンダについて、都が貸与(たいよ)期間の延長(えんちょう)に向けて調整(ちょうせい)中と聞いたよ。

 記者 上野にいる雄(おす)のリーリー、雌(めす)のシンシンの15歳同士のカップルのことですね。2頭は2011年2月に中国から来園し、日中間の契約(けいやく)で貸与期間は10年、来年2月に返還(へんかん)するはずでした。ただ、外国の事例(じれい)を見ると、パンダは15年程度(ていど)貸し出される例が多いようです。東京都と中国側でまだ結論(けつろん)は出ていませんが、都は5年程度の延長を求めているようです。小池(こいけ)百合子(ゆりこ)知事も記者会見で、「パンダは愛される存在。鋭意交渉(えいいこうしょう)を進める」としています。

 Q 2頭の間に生まれたシャンシャンは延長されないのかな?

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文909文字)

あわせて読みたい

注目の特集