メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アルカイダ幹部殺害と米紙報道 イスラエル工作員

 米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は13日、複数の情報当局者の話として、1998年にケニアとタンザニアで起きた米大使館爆破事件の首謀者の一人とされた国際テロ組織アルカイダの幹部が、今年8月にイランの首都テヘランでイスラエルの工作員によって殺害されたと伝えた。

 殺害されたのは、アルカイダ指導者のザワヒリ容疑者に次ぐナンバー2とされるエジプト人のアブドラ被告で、米当局が両大使館爆破に関わる罪で身柄のないまま起訴し、行方を追っていた。

 イラン外務省報道官は14日、声明で「虚偽で、作り話がメディアにリークされた」と報道を否定。イラン国内にアルカイダ要員はいないと強調し、米政府が虚偽情報を流したと主張した。

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  3. 和解のために 2021 2)変わりうる「ファクト」とは 「帝国の慰安婦」著者が指摘、「学問の政治化」

  4. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです