来年は丑 凧づくり最盛期

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
最盛期を迎えた来年の干支(えと)「丑(うし)」が描かれた和凧(たこ)づくり=名古屋市西区の「凧茂(たこも)本店」で2020年10月21日、兵藤公治撮影
最盛期を迎えた来年の干支(えと)「丑(うし)」が描かれた和凧(たこ)づくり=名古屋市西区の「凧茂(たこも)本店」で2020年10月21日、兵藤公治撮影

 来年のえとの「丑(うし)」にちなみウシを描いた和凧(わだこ)づくりが、名古屋市西区の和凧製造卸会社「凧茂(たこも)本店」で最盛期を迎えている。

 江戸末期の創業当時の技術を守り続ける同社では、国産和紙や杉皮紙を使い、一枚一枚手作業で竹の骨組みに貼り付ける。

 今年は、新型コロナウイルスの影響で例年より…

この記事は有料記事です。

残り112文字(全文262文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集