下地氏復党認めず、自民沖縄県連「復党と保守大同団結は切り離すべきだ」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
常任総務会後に記者会見を開き、下地幹郎氏の自民党復党を認めないとする沖縄県連の決定について説明する島袋大県連幹事長(前列中央)ら=那覇市で2020年11月15日午後5時55分、竹内望撮影
常任総務会後に記者会見を開き、下地幹郎氏の自民党復党を認めないとする沖縄県連の決定について説明する島袋大県連幹事長(前列中央)ら=那覇市で2020年11月15日午後5時55分、竹内望撮影

 自民党沖縄県連は15日、常任総務会を開き、10月30日に復党願を提出していた無所属の下地幹郎(しもじみきお)衆院議員(59)=比例九州=の復党を認めないと決めた。近く党本部に県連の意向を伝える。

 常任総務会後の記者会見で、県連の島袋大幹事長は県連所属の現職国会議員らが復党に反対していることを挙げ、「(下地氏の)自民党…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文400文字)

あわせて読みたい

注目の特集