メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

橋と道路のつなぎ目に20センチの段差、車が衝突 山口・上関町

上関大橋の道路のつなぎ目に約20センチの段差ができた=山口県上関町で2020年11月14日午後11時ごろ、大山典男撮影

[PR]

道路上に約20センチの段差ができた上関大橋=山口県上関町で2020年11月14日午後11時ごろ、大山典男撮影
上関大橋の道路上で約20センチの段差ができた現場を調べる関係者=山口県上関町で2020年11月14日午後11時ごろ、大山典男撮影

 14日午後8時ごろ、山口県上関町の上関大橋で、橋と道路のつなぎ目に約20センチの段差ができ、乗用車1台が衝突する事故があった。乗用車には2人乗っていたとみられるが、命に別条はないという。橋の上下線が午後8時15分から通行止めになっている。橋は上関町の本土側と離島の長島を結ぶ唯一の橋のため、町役場が住民を移動させるため本土側の室津渡船場と長島側の上関渡船場を24時間態勢でピストン輸送している。

 県警柳井署や上関町などによると、段差ができた現場は、本土側から橋に入ってすぐの場所。橋には送水管が通っているが損傷はないという。橋を管轄する県が原因を調査中で、専門家の意見を踏まえて復旧方法を検討する。【大山典男、堀菜菜子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  2. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  3. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  4. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです