手作り甲冑の戦国武将「コロナに負けないぞ」 安土の城下町を歩き気勢 滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
手作りの甲冑(かっちゅう)を身にまとって安土町内を練り歩く参加者=滋賀県近江八幡市安土町上豊浦で2020年11月15日午前9時52分、礒野健一撮影
手作りの甲冑(かっちゅう)を身にまとって安土町内を練り歩く参加者=滋賀県近江八幡市安土町上豊浦で2020年11月15日午前9時52分、礒野健一撮影

 戦国武将の姿で町を練り歩く「あづち信長まつり」の武者行列が15日、滋賀県近江八幡市安土町で開かれた。手作りの甲冑(かっちゅう)を身にまとった武将や、色鮮やかな着物姿の姫ら約70人が秋晴れの安土の城下町を勇壮華麗に歩き、「新型コロナに負けないぞ」と気勢を上げた。

 信長まつりは毎年6月に開かれているが、今年はコロナの影響で延期され、規模も大幅に縮小。武者行列も感染防止…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文462文字)

あわせて読みたい

注目の特集