メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NTT西日本が2年ぶり2回目の優勝 関西実業団駅伝

関西実業団対抗駅伝で2年ぶり2回目の優勝を決め、ガッツポーズでフィニッシュするNTT西日本のアンカー・山本翔馬=和歌山県田辺市の龍神体育館で2020年11月15日午後1時4分、伝田賢史撮影

 来年元日の第65回全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝、群馬)の予選を兼ねた第63回関西実業団対抗駅伝競走大会(関西実業団陸上競技連盟主催)は15日、和歌山県田辺市の龍神行政局をスタートし、龍神体育館でフィニッシュする7区間80・45キロのコースで行われ、NTT西日本が3時間57分1秒で…

この記事は有料記事です。

残り95文字(全文245文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. 自宅療養中コロナ死21人 7人は入院先決まらず待機中 症状急に悪化

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです