メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪代表の服部温存 7連覇のトヨタ自動車「目指すのは日本一」 中部実業団駅伝

【第60回中部実業団対抗駅伝】1位でフィニッシュするトヨタ自動車の山藤篤司=愛知県田原市で2020年11月15日午後0時51分、兵藤公治撮影

 来年元日の第65回全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝、群馬)の予選を兼ねた第60回中部実業団対抗駅伝競走大会(毎日新聞社など共催)は15日、愛知県田原市のはなとき通りを発着点とする7区間80・5キロのコースで行われ、トヨタ自動車が3時間51分19秒の大会新記録で7年連続23回目の優勝を果たした。

 東京オリンピック男子マラソン代表の服部を温存したトヨタ自動車だが、2~6区の5連続区間賞で後続に3分以上の大差をつけて圧勝した。佐藤敏信監督は「中部7連覇は意識していなかった。我々が目指すのは日本一」と強気に語った。

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文726文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クックパッドニュース 一生使える!レストランシェフが作った「ゆで卵の時間表」が超絶便利

  2. 「サムハラ神社」神職が祈とう中にわいせつ行為の疑い 大阪府警が逮捕

  3. 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは

  4. 大阪は新たに273人感染、300人下回るのは3週間ぶり 新型コロナ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです