「弱い。力がない」 J1神戸2試合連続無得点、課題山積

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【神戸-湘南】湘南に敗れ、肩を落とす神戸の選手たち=ノエビアスタジアム神戸で2020年11月15日、平川義之撮影
【神戸-湘南】湘南に敗れ、肩を落とす神戸の選手たち=ノエビアスタジアム神戸で2020年11月15日、平川義之撮影

○湘南2―0神戸(15日・ノエスタ)

 湘南は後半、岡本と斉藤がゴールを挙げ、3連勝で6戦負けなし。神戸は4連敗を喫した。

 15本のシュートが空砲に終わった神戸。2試合連続無得点で、連敗も今季ワーストの4に伸びた。苦しいチーム状態について、フル出場したDF西は「調子がどうとかいう前に弱い。力がないと思う」と吐き捨てるように振り返った。

 主導権を握った前半に得点できなかったことがすべてだった。MFイニエスタを軸にテンポよくボールを回し、好機を量産。だがFW藤本のシュートがゴールポストやクロスバーに嫌われたほか、GK谷が再三のファインセーブを見せた湘南の守備網を破れなかった。

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文549文字)

あわせて読みたい

注目の特集