連載

演劇散策

毎日新聞デジタルの「演劇散策」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

演劇散策

中村京蔵、舞台への情熱=小玉祥子

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
中村京蔵「冬麗の会」
中村京蔵「冬麗の会」

 コロナウイルスの感染拡大で公演中止が続いた歌舞伎界。脇の手だれとして活躍する女形の中村京蔵も、今月こそ25日まで東京・国立劇場大劇場「11月歌舞伎公演」の第一部「平家女護島(へいけにょごのしま)」に出演がかなったが、3月から10月までの本興行の予定はとんだという。

 「フラストレーションがたまり、気持ちが腐りそうなので、どうしてもと思いました。周囲からはむちゃだと言われたんですけれどね」

 というわけで26日午後2時・同7時の2回、東京・国立劇場小劇場で自主公演「冬麗(とうれい)の会」を催す。昨年は10月に同小劇場で自主公演を実施し、大曲の「京鹿子娘道成寺(きょうがのこむすめどうじょうじ)」に挑んだ。「お金もたくさん使ったので、今年はやるつもりがなかったんです。もう大変です」と自嘲気味に語るが、言葉の奥には舞台への情熱がのぞく。

この記事は有料記事です。

残り472文字(全文840文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集