メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校駅伝予選、コロナで様変わり 象徴「たすき」出番なし 各地でタイム合計方式

トラックレースで開催された全国高校駅伝の岡山県予選。たすきをつけたチームはわずかだった=岡山県笠岡市で2020年11月3日、伝田賢史撮影

[PR]

 12月20日に京都市で開催する男子第71回・女子第32回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)の予選が15日に終わり、出場校が出そろった。今年は、新型コロナウイルスの感染拡大防止策で例年のロードレースを取りやめ、トラック周回のタイム合計で競う方式に変更するケースが増えている。そして駅伝を象徴する涙と汗が染みこんだ「たすき」を使わないケースもみられた。

 11月3日に岡山県笠岡陸上競技場で行われた予選会。男子は7区間、女子5区間で、それぞれ全国高校駅伝と同じ距離でタイムを競うトラックレースが実施された。区間ごとに実施されたレースの記録を積み重ねた合計タイムで順位を競うため、「たすきリレー」の場面がない。このため、大半のチームは着用しなかった。

 男子は倉敷、女子は興譲館が都大路の出場権を獲得したが、最終走者がフィニッシュテープを切ることもなく、恒例のガッツポーズもなかった。

 倉敷で最終7区の走者を務めた長塩寛至(3年)は、昨年の全国大会でアンカーを務め、チームの準優勝に貢献した。今回のレースについて「昨年は前の選手たちがつないできたたすきをつけて頑張れた。たすきがあった方が、全員がもうちょっと行けた(タイムを出せた)かなと思う」と残念がった。

 女子の興譲館で3区を走った主将の谷口萌優(3年)も「今回はスタートもフィニッシュも一人。仲間のことを思って走ったが、たすきをつけた時と比べると弱かった」と振り返った。

駅伝で区間と区間をつなぐ「たすき」渡し。だが今年の全国高校駅伝予選では地区によって見られない=宮城県栗原市で2019年10月20日、山田研撮影

 一方、岡山県高体連が「たすきの着用も可」としたため、津山は出場校では唯一、男女ともにたすきを着用してトラックを周回した。着用を監督に提案したという小倉唯愛(ゆいな)(2年)は「先輩たちがつないできてくれたたすきを途切れさせたくなかった。苦しくなっても『仲間が待っている』と頑張れた」と力を込めた。

 県高体連の小川愉之・駅伝専門部委員長は、例年のロードレースから変更した理由について、日本陸連が出した競技再開ガイダンスの順守を理由に挙げ「観客に感染者が出た場合、感染者の観戦位置や、周辺の観客の連絡先特定が難しいと判断した」と話した。

 全国大会の事務局によると、予選会を例年のロードレースから、競技場のトラック周回のタイム合計に競う方式に変更したり、コースを変えたりしたのは群馬、岡山、富山など10県以上。また、例年は各都道府県の上位入賞校が出場する地区大会は▽北信越▽東海▽四国▽九州――の4地区で中止が決まった。

 全国高校駅伝は、12月20日に京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に、例年通りのコースで開催し、たすきも使用する予定。大会事務局は感染拡大防止策を徹底し、スタジアムへの観客の入場を禁止。沿道での応援自粛も呼び掛ける。11月20日以降に政府が緊急事態宣言を発令するなどした場合は開催の可否を検討する。

 新型コロナ下の新しい生活様式を実践しながら、仲間や先輩たちの思いがこもった母校のたすきを胸に、高校生ランナーたちが師走の都大路を駆け抜けようとしている。【伝田賢史】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです