東日本大震災

コロナ退散願い黒森神楽を披露 宮古の復興住宅 /岩手

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
タイをコミカルに釣り上げた「恵比寿舞」などが披露され復興住宅の住民らをくぎ付けにした黒森神楽の公演=岩手県宮古市西町で2020年11月15日、中尾卓英撮影
タイをコミカルに釣り上げた「恵比寿舞」などが披露され復興住宅の住民らをくぎ付けにした黒森神楽の公演=岩手県宮古市西町で2020年11月15日、中尾卓英撮影

 東日本大震災の被災者向けの復興住宅「宮古市営西町災害住宅1号棟」で15日、コロナ退散などを願う黒森神楽が演じられた。集会所に笛や太鼓、かねの音が響き渡る中、民衆の平穏を願う「山の神舞」と、大漁を願う「恵比寿舞」を躍動的に、時にコミカルに披露。地域住民ら約20人が郷土芸能の世界を堪能した。

 県と市社会福祉協議会のコミュニティー形…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文410文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集