メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とうほく全国1位探求

品評会最高賞の宮城・仙台牛 高品質、安定供給で人気 ゆっくり育て、風味に差

今年の共励会向けに力を注ぐ牛にエサを与える川村さん=宮城県石巻市で、深津誠撮影

 日本一の和牛とは――。松阪牛や神戸ビーフなどブランド牛ごとの頂点を決める品評会が各地で開かれているが、全国で最多の頭数が集まる「全国肉用牛枝肉共励会」(東京食肉市場協会主催)は、和牛農家の肥育技術の「日本一」を決める場と目されている。この品評会で近年、相次いでトップの成績を収めているのが、宮城県勢だ。【深津誠】

 同共励会は1973年に始まり、85年以降は毎年開催されてきた。2019年は全国39都道府県から500頭が出品され、最高の「名誉賞」は宮城県の仙台牛が受賞。1頭1628万円で競り落とされた。仙台牛は16、17年に連覇。18年は逃したが、トップに返り咲いた形だ。17、19年は次点の「最優秀賞」も受賞。宮城県畜産課は「『仙台牛』と表記できるのはA5、B5ランクだけ。A4とA5を区別するのはまれで、他の…

この記事は有料記事です。

残り1103文字(全文1460文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 特集ワイド 二階派で活動2年、自民入り目指す細野豪志氏 批判されても私は違う道 安保政策は一致、人間関係には苦慮

  5. 東名あおり運転デマ投稿 強制起訴の被告死亡で公訴棄却へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです