東日本大震災

福島第1原発事故 「海洋放出決定できぬ」 立憲・枝野代表、漁業者と意見交換 /福島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
相馬双葉漁協との意見交換であいさつする枝野幸男代表=福島県相馬市で2020年11月15日、高橋隆輔撮影
相馬双葉漁協との意見交換であいさつする枝野幸男代表=福島県相馬市で2020年11月15日、高橋隆輔撮影

 立憲民主党の枝野幸男代表は15日、相馬市で漁業者らと意見交換し、東京電力福島第1原発にたまり続けているトリチウムを含む処理水の取り扱いについて「関係者にすら、きちんと説明されていない状況で、海洋放出を決定することはできない」と述べた。

 枝野氏は同日、同市や南相馬市などを訪問。意見交換した相馬双葉漁…

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文363文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集