「大きくてリアル」 リュウグウノツカイ、坂井・越前松島水族館が展示 高浜町沖で発見 /福井

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 高浜町沖で定置網にかかった深海魚「リュウグウノツカイ」が、坂井市の越前松島水族館で展示されている。週末に訪れた来館者らは、かごに収められた銀色に輝く長い魚体を眺めて楽しんでいた。

 見つかった個体は尾ビレの先端が切れ、全長226センチ。12日に高浜町の沿岸付近で、水深10メートルほどの定置網にかかっていた。水族館への輸送中に死んだ…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文415文字)

あわせて読みたい

注目の特集