メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

北信越ブロック予選 飯田が信越代表逃す 新潟・開志国際に5-41 両監督の話 /長野

目先変わると弱い 飯田・湯沢一道監督

 力不足だった。後半の入りが勝負を分けた。1年間(県内のライバルの)岡谷工をターゲットにやってきているので目先が変わると弱い。3年生は経験者も多くない中でよく頑張ったと思う。

準備した作戦奏功 開志国際・高橋昌徳監督

 準備してきたプレーができた。展開してスペースのあ…

この記事は有料記事です。

残り64文字(全文214文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. 英変異株、初の市中感染か 英国滞在歴ない静岡県の男女3人

  5. 全国で新たに4927人感染確認 月曜最多 重症者973人、15日連続最多更新

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです