全国高校駅伝

県予選 男子・益田清風、女子・美濃加茂V 両監督・主将の話 /岐阜

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

練習成果のびのび 益田清風・塚中一成監督

 もう少しダントツで勝ちたかったが、他校も良い走りをしていて苦しめられた。練習でやったことをのびのびやってくれた。

優勝にほっとした 益田清風・岩島共汰主将

 自分は1区で2位となり悔しかったが、残りのメンバーが都大路出場を決めてくれた。接戦で優勝できてほっとしている。

5人が100点の走り 美濃加茂・荻野知彦監督

 3年生と2年生が、1年生をうまく支え、のびのび走ることで力を発揮できた。5人全員100点の走りをしてくれた。

全員で勝ち取った 美濃加茂・杉山静香主将

 優勝でき素直にうれしい。1年生ばかりのチームだが、それぞれがやることをやってサポートし合い、全員で勝ち取った優勝だ。

あわせて読みたい

注目の特集