メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

県予選 男子・益田清風、女子・美濃加茂V 両監督・主将の話 /岐阜

[PR]

練習成果のびのび 益田清風・塚中一成監督

 もう少しダントツで勝ちたかったが、他校も良い走りをしていて苦しめられた。練習でやったことをのびのびやってくれた。

優勝にほっとした 益田清風・岩島共汰主将

 自分は1区で2位となり悔しかったが、残りのメンバーが都大路出場を決めてくれた。接戦で優勝できてほっとしている。

5人が100点の走り 美濃加茂・荻野知彦監督

 3年生と2年生が、1年生をうまく支え、のびのび走ることで力を発揮できた。5人全員100点の走りをしてくれた。

全員で勝ち取った 美濃加茂・杉山静香主将

 優勝でき素直にうれしい。1年生ばかりのチームだが、それぞれがやることをやってサポートし合い、全員で勝ち取った優勝だ。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 無人駅、東京でも1割 障害者に支障 国、指針策定へ 国交省調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです