連載

祈り巡り京の教会

「京都といえば神社仏閣」だが、実は京都御苑周辺を中心に驚くほど多くのキリスト教会が存在する。そのキリスト教会協会を訪ねた。

連載一覧

祈り巡り京の教会

/11 救世軍京都小隊(京都市下京区) 町家並ぶ通りに聖堂 /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
シンプルにまとめられた堂内。祭壇の中央に説教台がある=京都市下京区で2020年10月26日午後2時57分、矢倉健次撮影
シンプルにまとめられた堂内。祭壇の中央に説教台がある=京都市下京区で2020年10月26日午後2時57分、矢倉健次撮影

 京都市中心部の四条通を富小路通から南へ下がると、飲食店の町家が建ち並ぶ中に京都にも多くの西洋近代建築を残したウィリアム・ヴォーリズ設計の教会が右手に現れる。道路の看板は赤い十字と「救世軍」、入り口の上部には英語で「The Salvation Army」。チャイムを押し、「軍服」姿の京都小隊(教会)の惣賀美恵子小隊長(72)=牧師=に出迎えていただいた。

 19世紀末に犯罪、貧困、酒びたりなどの問題がはびこっていた英国のロンドン東部で、プロテスタントの一派・メソジストの牧師、ウィリアム・ブースが始めた救済・布教活動は、軍隊式の組織、規律を取り入れ救世軍と呼ばれるようになった。階級社会の英国で、軍隊だけは出身階級に関係なく同じ制服で活動したことに着目し、積極的に軍隊様式を取り入れたとされる。教会は小隊、信徒は兵士、牧師は小隊長、各国責任者は司令官など…

この記事は有料記事です。

残り750文字(全文1128文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集