メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

人材の登用について=山田孝男

 例によって世論は割れている。かたや「学問の自由に対する侵害」の声。反対側には「学者にも問題があり、一概に擁護できぬ」という声がある――。

 菅義偉首相が、日本学術会議の会員候補の任命を拒否した問題である。

 もしも首相の狙いが権力掌握を誇示するところにあるのなら、このままぬらりくらり進めばいい。

 そうではなく、時代が求める大改革を本当に成し遂げるつもりなら、オープンな人材登用と対話に徹するべきだと私は思う。

この記事は有料記事です。

残り1146文字(全文1350文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 無期転換パートの待遇改善請求を棄却 正社員と異なる労働条件指摘 大阪地裁判決

  3. 「桜を見る会」答弁 菅首相「事実が違った場合は私にも責任」 衆参予算委詳報

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです