特集

学術会議任命拒否

日本学術会議が推薦した新会員候補6人を菅首相が任命しなかった。極めて異例の事態の背景や問題点を追います。

特集一覧

風知草

人材の登用について=山田孝男

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 例によって世論は割れている。かたや「学問の自由に対する侵害」の声。反対側には「学者にも問題があり、一概に擁護できぬ」という声がある――。

 菅義偉首相が、日本学術会議の会員候補の任命を拒否した問題である。

 もしも首相の狙いが権力掌握を誇示するところにあるのなら、このままぬらりくらり進めばいい。

 そうではなく、時代が求める大改革を本当に成し遂げるつもりなら、オープンな人材登用と対話に徹するべきだと私は思う。

この記事は有料記事です。

残り1146文字(全文1350文字)

【学術会議任命拒否】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集